タイガーナッツとは?

バレンシア産タイガーナッツ

ナッツと呼ばれますがナッツではありません。

 

カヤツリ草と云う草になる小さな根野菜(塊茎)です。世界中の温暖な気候で育ちますが、栽培作物として起源は、古くは紀元前メソポタミア文明のベースとなったチグリス・ユーフラテス川の沿岸から医療食として栽培が始まり、ペルシャやエジプトを経由してアラブ文化と共にスペイン南部に伝わったとのことです。

 

最近の英国オックスフォード大学の研究論文によると、タイガーナッツは2百万年前から食用としてあったとされています[1]。また古代エジプトでのファラオ(王)の石棺からもタイガーナッツが発掘された事からも歴史上最も古い栽培作物と注目を浴びています。

 

近年はスペイン・バレンシア地方が中心で栽培していますが、アフリカの広い範囲[2]で生産が拡大しております。とりわけスペイン国内ではチュファとも呼ばれ、搾汁されたタイガーナッツ・ミルクは「オルチャータ」と呼ばれる健康飲料として普及しています。 また最近欧米ではスーパーフードとして認められ、ドリンクのみならずそのまま(ホール)で食べる健康補助食品としてのスナック製品、フラワー(粉末)に加工されて焼き菓子やパン、パスタに至るまで様々な食べ方で人気を集めています。

[1] Ancient human ancestor “Nutcracker Man”lived on Tigernuts

   Macho, G (2014). Baboon Feeding Ecology Informs the Dietary Niche of Paranthropus boisei.

 

[2] ニジェール、ブルキナファソ、マリ、ガーナ等西アフリカ諸国

 

日本では2014年にマクロビオティック食品専門店・自然食品店向けに弊社が国内初の輸入・卸売販売を開始した事から、その低カロリーとバランスの良い栄養価が認めら美容と健康のためのダイエット食品として多くの女性や健康に関心の高い熟年層まで広く愛用され続けています。

タイガーナッツの特徴?

プレバイオティクス

タイガーナッツにはアーモンド2倍以上やごぼうの5倍以上の豊富な食物繊維が含まれています。

 

しかも不溶性ですのでレジスタントスターチと同様に、エネルギ―になりにくく、整腸作用や生活習慣病の予防効果があるとされている成分です。

 

 

この食物繊維は大腸の腸壁に生息している数百種類、100兆個以上の細菌いわゆる「腸内フローラ」の悪玉菌、日和見菌や善玉菌(Probiotics)に働きかけてバランスを整え、人体の免疫力を高める効果があります。 

 

 

腸は自律神経と関わりが深く、腸の調子が悪いと自律神経のバランスも崩れてしまい、結果的に交感神経が優位となって様々なトラブル(便秘、肌荒れ、吹き出物、花粉症、めまい、冷え症、睡眠障害や頭痛等々)があらわれます。

 

 

タイガーナッツは腸内環境を整え病気にならない基礎である腸をつくります。

スーパーフード

タイガーナッツわずか100gで抗酸化作用の高いビタミンEが成人1日の推奨摂取量が充分に得られます(6mg/100g)。

 

鉄分は成人1日の推奨摂取量の約1/3が得られます。

鉄分は血液の中で赤血球のヘモグロビンの成分になって酸素の運搬に働きます。

 

人体のとって重要なタンパク質も1/8が得られ、心臓疾患に効果があるとされるアミノ酸であるアルギニンも多く得られ活力の源泉となります。

 

バナナ2本分以上に匹敵するカリウムも摂取できます。

カリウムは身体の組織や内臓にはたらき血圧のコントロールや消化を助ける大きな役割を担っています。

 

*とりわけタイガーナッツ・オイルはオリーブオイル同様80%以上の不飽和脂肪酸、コレステロールも低く、とりわけビタミンEは約25mg/100g豊富なので坑酸化作用が非常に高く、食用以外スキンケア用としても幅広い年代に喜ばれています。

アレルギーフリー

タイガーナッツはグルテンを含んでいません。欧米では小麦を多く摂影することで、そのタンパク質成分グルテンによって引き起こされる自己免疫疾患が問題になっています。日本国内でも食生活の欧米化が進むことによってアレルギー患者が増えています。

グルテン (gluten) アレルギーは、小麦、大麦、ライ麦などから生成されるタンパク質に対して免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患です。これは自己免疫疾患なので一般的な食物アレルギーとは違ので、アレルギー検査で小麦に反応しなくても、グルテンを控えることで体調がよくなる人もいます。また健康な人でも、グルテンを控えたら「目覚めがよくなった」「体が楽になった」など、変化を感じる人もいるそう。スポーツマンの方にもグルテンフリー食が喜ばれています。

http://glutenfreejpn.com/whats-gluten-free/

 

さらにタイガーナッツは古くからの自然農法による作物ですので遺伝子組換農産物ではありませんので環境や人体への影響はありません。また他のナッツや牛乳(乳糖)などによるアレルギーを引き起こした報告も一切ありません。


文献・資料

関連リンク